音楽用語辞典


最果ての城のゼビア ~知られざるもう一つの世界~ 《絶賛配信中!》

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲の最果ての城のゼビアには知られていないもう一つの世界がある。ただの改訂版や再編曲リアレンジではない。課題曲とは違うパラレルワールドが広がる!→フルスコア、パート譜&特典つき


マルカート, marcato [伊]

音をはっきり演奏すること。

イタリア語の【はっきりした、目立つ】形容詞。

marc.と省略されることも多い。

記号がないために他のアーティキュレーション記号が書かれていない音符に対しマルカートと解釈することも多い。

実際何も書かれていない音符をマルカートとすることが多く場合によってはテヌートと解釈することもあるがどう演奏するかは奏者のセンスにかかっている。

具体的には次の図のように演奏するのが一般的。

図‐演奏方法

青い図形の横軸は時間、縦軸は音量。

基本的には音の長さはテヌートと同じだが音量が減衰する。長さが短くなるとスタッカートとの違いがなくなり、音量が変わらないとテヌートとの違いがなくなる。

鍵盤楽器では表現方法を工夫しないといけない。

楽典の本
新版 楽典―音楽家を志す人のための新版 楽典―音楽家を志す人のための
よくわかる楽典の教科書 (ゼロからすぐに身につく本)よくわかる楽典の教科書 (ゼロからすぐに身につく本)
ジュニアクラスの楽典問題集ジュニアクラスの楽典問題集
吹奏楽の楽譜
最果ての城のゼビア ~知られざるもう一つの世界~最果ての城のゼビア ~知られざるもう一つの世界~
みなとみらいへの前奏曲 港の見える丘からみなとみらいへの前奏曲 港の見える丘から
NNSB-001 エアーマンが倒せない - フルスコア&パート譜NNSB-001 エアーマンが倒せない - フルスコア&パート譜

ツイート
0


音楽用語辞典 索引へ ページトップへ
音楽の本
独・仏・伊・英による音楽用語辞典 【改訂版】独・仏・伊・英による音楽用語辞典 【改訂版】
これで納得!よくわかる音楽用語のはなし―イタリアの日常会話から学ぶ – 関 孝弘 (著)これで納得!よくわかる音楽用語のはなし―イタリアの日常会話から学ぶ – 関 孝弘 (著)
持ち歩き 音楽記号事典 – 多田 鏡子 (著), 川島 素晴 (監修)持ち歩き 音楽記号事典 – 多田 鏡子 (著), 川島 素晴 (監修)
音楽の科学---音楽の何に魅せられるのか? – フィリップ ボール (著), 夏目 大 (翻訳)音楽の科学---音楽の何に魅せられるのか? – フィリップ ボール (著), 夏目 大 (翻訳)