合唱

明日を信じて/鈴木弘毅


1996年に,環境問題をテーマにした劇の挿入歌として作曲しました。「途方もない困難を前に,無力感に襲われることもあるけれど,たとえ小さくてもよいから,自分にできることから始めようじゃないか」という,この曲に込めたメッセージが,震災後に生きる現在の状況にあてはまると考え,市の音楽発表会に出場する4年生に歌ってもらいました。

演奏の動画はyoutubeにアップしております。

サンプル譜(375KB)

*作品はZIP形式で圧縮されています(899KB)。