ビッグバンド

Take the A train

Take the A train

Take the A train
¥4000
【楽譜ダウンロードのしかた】
基本情報
タイトルTake the A train
作曲者ビリー・ストレイホーン (Wikipedia)
作詞者ビリー・ストレイホーン (Wikipedia)
編曲者Enustakat Ono
価格
¥4000
カテゴリービッグバンド
編成2 alto saxophones, 2 tenor saxophones, baritone saxophone,
4 trumpets, 4 trombones,
guitar, piano, bass guitar, drums
難易度
調C-Eb
外部リンク
著作権情報©1941 TEMPO MUSIC INC. All rights reserved. Used by permission. Print rights for Japan administered by Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

最高音:Trp E

A列車で行こう・・・色々なバンド、出版社から易~難度まで色々な譜面が出版されています。

ハリージェームスオーケストラで演奏されているスタイルを再現しました。

ダイナミックな場面と繊細な場面があり、バンドにはかなりの能力が要求されます。

1950年代のスウィングエイジは、当時のアメリカのポピュラー音楽の頂点で、トッププレーヤーが腕を競うように各バンドに在籍していました。コンテンポラリービッグバンドのように複雑なテンションやややこしいシンコペーションなどはありませんが、正確なタイム感やダイナミクスの変化が要求されます。

参考譜としてハリーのソロを採譜しました。楽譜以外にも細かい装飾音符が沢山あり、これを完コピするには相当な難易度があります。

参考音源はシンセサイザー(アドリブソロなし)でアップしますが、実際のバンドで録音ができ次第再度アップします。。


ツイート
11

ページトップへ