クラリネットアンサンブル

歌劇「ルスランとリュドミラ」より「序曲」 (クラリネット八重奏)

Ouverture Rouslan et Ludmila Clarinet Octo Pazzo

歌劇「ルスランとリュドミラ」より「序曲」 (クラリネット八重奏)
¥6000
【楽譜ダウンロードのしかた】
Sample Player
基本情報
タイトル歌劇「ルスランとリュドミラ」より「序曲」 (クラリネット八重奏)
作曲者ミハイル・グリンカ (Wikipedia)ミハイル・グリンカ
編曲者髙橋利昭
価格
¥6000
カテゴリークラリネットアンサンブル
編成Eb clarinet, 5 Bb clarinets, 2 bass clarinets
演奏時間約4分51秒
調Es-dur
難易度
外部リンク

歌劇「ルスランとリュドミラ」より「序曲」
(クラリネット八重奏)

Ouverture Rouslan et Ludmila Clarinet Octo Pazzo

ミハエル・グリンカ
編曲 髙橋利昭
comp.Mikhail Glinks
Arrangement by Toshiaki Takahashi

【編成】クラリネット八重奏楽譜(スコア・パート譜)  Clarinet Octo Pazzo music score (Full score + Part score) Clarinet E♭
Clarinet B♭ 1st 2nd 3rd 4TH 5TH
Alto Clarinet
Bass Clarinet

【調子】変ホ長調 Es dur
【演奏時間】約4分51秒 time. 4:51
【難易度】★★★★★★
【価格】6000円 (¥6.000-)
【内容】
「ルスランとルドミラ」序曲は、ロシアの音楽家マイケル・グリンカが作曲した同名の5幕オペラです。 1842年にサンクトペテルブルクで初演されました。 序曲はオペラの中で最も人気があり、コンサートやコンテストで演奏されることが多い。 日本では、全日本吹奏楽連盟主催の全国アンサンブルコンテストで演奏されるなど、クラリネット八重奏の重要なレパートリーとなっています。

"Ruslan and Ludmila" overture is a five-act opera of the same name composed by Russian musician Michael Glinka. It premiered in St. Petersburg in 1842. Overtures are the most popular of operas and are often played in concerts and contests. In Japan, it is an important repertoire of clarinet octets, such as performing in a national ensemble contest sponsored by the All Japan Wind Band Federation.


ツイート
0

ページトップへ