吹奏楽

交響組曲「寄港地」 第3曲 ヴァレンシア

Escales... No.Ⅲ Valencia. Tableaux Symphoniques (Wind Orchestra)

交響組曲「寄港地」 第3曲 ヴァレンシア
¥27000
基本情報
タイトル交響組曲「寄港地」 第3曲 ヴァレンシア
作曲者ジャック・イベール (Wikipedia)ジャック・イベール
編曲者髙橋利昭
価格
¥27000
カテゴリー吹奏楽
編成piccolo, 2 flutes, oboe, bassoon, Eb clarinet, 3 Bb clarinets, alto clarinet, bass clarinet, 2 alto saxophones, tenor saxophone, baritone saxophone,
3 trumpets, 4 horns, 3 trombones, euphonium, tuba, contrabass,
timpani, snare drum, bass drum, cymbals, tambourine, triangle, castanet, tam tam, glockenspiel, xylophone
演奏時間約5分47秒
難易度
タグ#イベール#寄港地#吹奏楽#コンクール#楽譜#ダウンロード
著作権情報© ALPHONSE LEDUC EDITIONS MUSICALES Permission granted by K.K. Music Sales Authorized for sale in Japan only.
外部リンク

交響組曲「寄港地」 第3曲 ヴァレンシア
Escales... No.Ⅲ Valencia. Tableaux Symphoniques (Wind Orchestra)
ジャック・イベール 作曲
編曲 髙橋利昭
Jacques Ibert
Arrangement by Toshiaki Takahashi

【編成】吹奏楽譜(スコア・パート譜) Wind music score (Full score + Part score) Piccolo
Flute 1st 2nd
Oboe
Bassoon
Clarinet in Eb
Clarinet B♭ 1st 2nd 3rd
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1st 2nd
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1st 2nd 3rd
Horn F 1st 2nd 3rd 4th
Trombone 1st 2nd 3rd
Euphonium
Tuba
Contrabass
Timpani
Snare Drum. Tambourine. Triangle.
Bass Drum. Castanet. Triangle. Cymbals.
Cymbals. Castanet. Tam Tam.
Glockenspiel. Tam Tam. Xylophone. Tombour. Bass Drum. Triangle.

【調子】変ロ長調 B dur
【演奏時間】約5分47秒 time. 5:47
【難易度】★★★★★
【価格】27000円 (¥2,7000-)
【内容】 交響組曲『寄港地』(Escales, 3 Tableaux Symphoniques)は、フランスの作曲家ジャック・イベールの作品。1922年、イベールが32歳のときに完成された作品であり、ローマ大賞受賞によるローマ留学中に提出された作品で、イベールの出世作となった。 イベールは1910年にパリ音楽院に入学しているが、在学中の1914年に第一次世界大戦が勃発すると、志願して海軍士官になったという経歴を持っている。イベールは戦争中に海軍士官として地中海を航海したが、各地に寄港した際に接した異国の風物の見聞や、ローマ留学中のスペイン旅行から得た印象がこの曲には盛り込まれている。 《 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より》 第3曲「ヴァレンシア」 ヴァレンシアはご存じスペインの東にある街で、第3曲ではヴァレンシアでおこなわれる「火祭り」表現しています。 交響組曲「寄港地」は副題として「三つの交響的絵画」という副題があり、3曲からなっており、イベール自身によって、それぞれのタイトルに地名が付いており、吹奏楽コンサートやコンクールでは、第2曲「チュニス~ネフタ」と第3曲「ヴァレンシア」を続けて演奏されることが多いです。

The symphonic suite "Port of Call" (Escales, 3 Tableaux Symphoniques) is the work of French composer Jacques Ibert. It was completed in 1922 when Ibert was 32 years old, and it was submitted while studying in Rome by the Grand Prize of Rome, and it became Jacques Ibert success. Ibert entered the Conservatory of Music in Paris in 1910, but has a history of volunteering and becoming a naval officer when World War I broke out in 1914 while he was still in school. Ibert sailed the Mediterranean Sea as a naval officer during the war, but this song included the impressions he had gained from his travels to Spain while he was studying in Rome. Free Encyclopedia from Wikipedia 3rd song "Valencia" Valencia is a city in the east of Spain that you know, and in the third song, the "fire festival" is described in Valencia. The symphonic suite "The Port of Call" is subtitled "Three Symphonic Paintings" and consists of three songs, and Ibert himself has a place name in each title, and in the brass band concertand stakes, the second song "Tunis - Nefta" and the third song " Valencia" is often played continuously.


ツイート
0

ページトップへ